FC2ブログ
2011年03月05日

●猫撫ディストーション

~猫撫ディストーションの感想です~
【シナリオ】
《キャラ別感想》
>式子
最初にこのキャラをやったのですが(ロリコンなので容姿につられて)
正直失敗したと思いました。
全キャラの中でも一番特殊で、式子√の事象が理解出来るのが おそらくは相当先になると思います。
むしろ、最初にもってきて記憶が曖昧だと 結局式子√はなんだったのか?という事になりかねないです。
とはいえ、シナリオすべてクリアすれば 何となくはわかると思いますが・・・、
出来れば後半にプレイしたいキャラだと思います。

>柚
世界観が観えてないとまるでわからないキャラパート2

キャラ毎の『意味』というものがあるので それがわかればこのパートで伝えたいモノが見えてこなくも。
真の意味でわかるのはやはり、琴子が終わってからでしょうか。
一生懸命 説明染みた文章を読んだのですが、この時点ではこのゲームにおける世界が全く見えずに(最初に式子をプレイしたのもあるかもしれません)
『わかるようなわからないような曖昧さ』を抱えて終わりました。
ライター側からすれば、それこそが柚√における狙いなのかもしれませんが。
もしそうだとすれば、この√を考えたライターさんは素晴らしいと思いますね。

>結衣
彼女の√をプレイしたことによって、今まで限りなく白色だった、僕のこのゲームに対する世界観に色がついたと思います。
ただ、結衣を最初にすれば良いかと言われればそうでもないような。
結局のところ、シナリオを熟読し 考察しなければ、どの√順でいったとしても
ライターがこのゲームで伝えたいこと(あくまで主観ですが)が伝わらないと思います。
ちなみに、結衣と式子は 根本的なテーマは同じなのですが
結衣と式子それぞれの『意味』が違うので、真逆の内容です。やはり、一見しただけではわかりませんが。

>ギズモ
七枷家の家族の一員ではありますが、予想外の存在だった為、
√ENDも彼女の『意味』らしい、ある意味で柚と似たように 他とは異なった終わり方でした。
普通のギャルゲが好きな方向けというと、自分が玄人のような聞こえがしてアレですが、
最もギャルゲらしい√と言えば、何となく伝わるでしょうか。

他がかなり考察を必要とされる為、一種の脳の休息時間のような物に感じました。

>琴子
この√をやらないと意味がありません。
おそらく真ENDで、√開放に条件があると思います。(おそらく全キャラ攻略後)
いくつかの選択肢をギズモの前に試しましたが、ほぼ同一の選択肢で琴子√が開放されたので。

今までこのゲームとしっかり向き合ってきた方は、ようやく胸につっかえていたモヤモヤが取れることかと思います。
最後まで琴子の発言はしっかり熟読していかないといけませんが。
琴子√ではっきりとした『世界』というものが『観える」はずなので、このゲームをプレイするなら
絶対に攻略しなければいけない√だと思われます。

《シナリオ総合》
かなり哲学的な話な為、
単純に『ギャルゲー』を楽しみたい方には全く不向きな内容です。
シナリオから読み取ることが出来る主張や、ライターの世界をいかに感じ取れるかで
このゲームに対する評価は天地の差があるでしょう。

普通のギャルゲーを楽しみたいのなら、これはやらない方がいいです。ただ頭が混乱するだけでしょう。
深く楽しみたい方向けの、良い意味で人を選ぶシナリオでした。


【テキスト】
主人公の思考部分である文章が少なく、会話文がかなり多いです。
また、読み物としては難なく読むことが出来るのですが、如何せん内容が内容だけに
ふと止まって考えることもあり、結果的に 説明不足な気がしないでもないです。

実際のところは、十分に理解し得るだけの説明はあるのですが・・・
あまりに説明を増やすと反って情報量が多くなり、思考が追いつかなくなるかもしれないので、難しいところですね。


【システム】
項目が多いので必要そうな部分のみ。

未読・オートプレイ表示速度変更 5mm秒単位
オートプレイ時のメッセージ表示待ち時間 100mm秒単位
音量関係 微調整可
ショートカットキー割り振り可
ジョイスティック使用対応
履歴保存ページ数変更可 上限255ページ

元のウィンドウサイズが珍しいタイプな為、普通のデスクトップではフルスクリーンに表示変更すると
画面表示が若干荒々しく見えました。

画面効果で白一色 赤一色になることがあり、非常に目が疲れました。
もう少し工夫して欲しかった。


【CG・MOV】
少し崩壊気味のCGが見られました。特に結衣がひどかったです。
綺麗な場面では素直に良いなと思えただけに、一部だけが残念なのがガッカリしました。


【音楽】
BGMすべて生演奏というだけあって、素晴らしい音です。
ただ、楽曲自体は20もないので曲不足感が否めないです。
また非常に聞き惚れる音が逆にネックで、
哲学的な文章と見事にマッチすることで 睡魔を誘う程度の効果が得られました。


【エロ】
夏野こおり(柚)さんがヤバイ><

【総評】
《79点》
個人的には80点ぐらいはあっても良いゲームとは思いましたが、
1.個別√が非常に短い オート表示速度2100mm秒で2時間半程度(エロのみエンター送り)
2.結衣でのひどい作画崩壊
3.楽曲が少ないことへの不満
4.万人受けするかどうかを考えて

上記の理由から 80点より1点少ないという中途半端な点数をつけてみました。
式子√では、個別がかなり長く感じられたのですが 単なる思い過ごしか 式子だけが長かったのかは、見直していませんが、
他4キャラに関しては時間を見ながらプレイしたところ、1キャラあたり2時間半程しか掛かっていなかったので、1週間で終わってしまったといったところです。

哲学的要素は非常に優れていて、琴子終了時点でこのゲームのテーマについて 深く考えさせられました。
しかし、その代償としてか ギャルゲとしての要素が非常に弱かったと思います。
キャラごとのシナリオをより ギャルゲらしくする事が出来ていれば、万人受けするタイプの哲学ゲームといった感じになったのではと思います。
とはいえ、攻略キャラ 5人中3人は近親ということで 意識してしまうとちょっと抵抗してしまう方もいるかも知れませんが。

体験版をプレイしてみて(自分がプレイしてないので他人にいうのはおかしい気もしますが)
ゲームの雰囲気が自分にあっていると感じられたらプレイされることを強く推奨します。

シナリオ総合の所でも書きましたが、普通のギャルゲではないので くれぐれもお気をつけ下さい。

スレッドテーマ:美少女ゲーム:ゲーム

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

|

Copyright c 200x xxxxx. All Rights Reserved.

/for one column -->